不動産を売却!ちょっと待って!その不動産寝かしませんか?

不動産はできるだけ早めに売却をした方が良いのか?それとも寝かせることも必要なのか? - 不動産を売却!ちょっと待って!その不動産寝かしませんか?

更新情報

カテゴリー

不動産を売却!ちょっと待って!その不動産寝かしませんか?

rthsrhtsr
不動産売却で重要なことのひとつとして挙げられるのは、タイミングを間違わないことです。売り時を間違えてしまうと、場合によっては数百万円の損失を出してしまうこともあります。売り時を間違えないことが大切です。そのひとつとして、物件を寝かせることもひとつの方法になります。

寝かせることのメリット

年に1回公示地価の発表がされます。湯布院などの観光地が観光客のインバウンド効果から大きく跳ね上がったニュースがありました。そのようなことが起きれば、不動産を寝かせることのメリットがあります。公示地価が上がれば相乗的に物件の価値も高まりますので、不動産売却にも恩恵を得られることになります。数年前の査定よりも、格段に良くなることに期待を持てる方法です。
ただし絶対にそのようなことがあるとは限らないのが不動産です。価値が高まれば良いですが、そうならないことも多いです。日本は災害が多い地域であり、地震や水害、土砂災害などが起これば、買い手も警戒してしまい、本当はもっと前に売り時があったようなこともあり得るのが不動産売却です。

その見極めが難しい

これから上がることの指標というのは、不動産を持っている人には難しいです。不動産を売る仲介をする宅建業の知識を持っている不動産会社の人間であっても、寝かせる判断を下すことが難しいのが現状です。予測をすることはできますが、確信はまったくないことになります。
不動産売却を検討しているときに、仲介をする不動産会社が「もっと寝かせておいた方が良い」というアドバイスをできるのかどうかも問題になります。今の段階で売っておけば、利益になることがわかっていれば、売主にまともな情報を与えないこともあります。そこで出てくるのが、信頼できる不動産会社です。誠意をもって対応してもらえるところであれば、そのような情報も貰うことができるでしょう。

寝かせていても損をしないと限らない

価値になるというのはあくまでも予測になりますので、災害によってもしくは都市計画の破たんや見直しによって覆されることもあります。そんなことが起きてしまえば、寝かせることに対してのデメリットが生じてしまうでしょう。不動産を売却せずに寝かせると言った行為が必ずしも、メリットになるわけではないことを知っておかないといけません。
誠意ある不動産会社を見つけることも大切ですが、提供された情報が正しいとは誰も言えないのが現状です。最終手段は売主に任せられます。納得できる情報を提供してもらい、それを売主が判断することになりますので、やはり宅建業の知識は最低限売る側にも求められることになります。単純な問題ではありませんので、すぐに寝かせる行為が正しいとは言えません。

遊休地にするのが一番の損になる

hrts
ただひとつだけ確かなことがあります。遊休地にしておくことが一番もったいないです。住んでいるのであれば問題ありませんが、誰も活用せず、ただ税金を支払っているような不動産であれば、査定をしてもらい売却か、寝かせるのかを検討する方が良いです。また不動産の種類によって寝かせるべきではない物件もあります。なぜ遊休地になっているのかを考えたとき、寝かせることのメリットは、それほどないという考え方もできるはずです。

総合的な判断をしよう

不動産と言わますが、価格は不動しないことはありません。価格は生きていますので、タイミングが勝負になります。総合的に考えられる環境を作ることが、寝かせる判断に正当性を持たせます。

アーカイブ

不動産売却サイト
Copyright(C)2016 不動産を売却!ちょっと待って!その不動産寝かしませんか? All Rights Reserved.